物欲の小径

己が衝動に任せて買ったあんなものこんなもののプチレビュー

いつか4K! Pioneer BDR-211JBK購入

GWに作ったリサイクルPCのドライブが不調でDVDを入れても認識しないらしい。
作った時からUEFIの画面には認識されているものの、OSのディスクが読み込めなかったので、
もしかしたらと思ってたらやっぱり駄目だったようです。

以前、PC修理を依頼された時、交換しようと思って適当に買った、
韓国製ドライブはやはりクソだったようです。

交換するにしても余分な手持ちのドライブがなく、
いくら身内の者のためとは言え新たにドライブを購入して取り付けるのもなんだかなぁと思うわけで。

だったら自分用に新たなドライブを購入し、交換したドライブをリサイクルPCに回せばいいんじゃね?
どうせならULTRA HDのブルーレイ対応のドライブが欲しいと思ってたことだし、
いずれ4Kモニタを買ったら晴れて4K動画再生出来る環境が整うわけだし。

リサイクルPCも予定してたDVDドライブでなく、お下がりならブルーレイになるし、
自分の物欲も満たされて両得じゃなかろうか?

パッケージ

そんな無理矢理な動機付けをして買ったドライブがPIONEERのBDR-211JBK。
ツクモさんにて13127円にて購入。
バルク品って書いてあったから袋に入った本体だけと思ったら、
しっかり箱に入ったものが送られてきました。

内容物

中身も本体だけでなく、サイバーリンク社のPoweDVD14などのソフトが付属。

正面比較

今、自分のPCに内蔵しているドライブBDR-206と207のうちどちらを外したかというと、
207を外してリサイクルに回すことにしました。
だって206は日本製で中華製の207とくらべても焼きの品質も高品質という噂ですので。

さて、外した207と211は外観は同じで、企業ロゴと規格のマークの印字くらいしか差はありません。

上面比較

上面比較。
左が211、右が207。

211の方、ポツポツと六角形のへこみがあります。
このハニカム形状が空気の流れを整えるとか言う話らしいですが、
バルクでないパイオニアの二桁ナンバーのドライブでは以前からよく見られたものですが、
純正ドライブよりへこみが浅いような気がします。
これで本当に効果があるのかどうか・・・素人じゃ判断出来ないでしょうね。

背面比較

背面比較。
形状、位置ともに全く同じ。
おかげでキツキツの長さにカスタムした電源ケーブル線がそのまま使えてありがたい限りです。

裏面比較

裏面も全く同じで、ここだけ見るとどっちがどっちか分からなくなってきます。

外観はともかく、分解すれば中の構成は変わってくるのでしょうが、
あえてそんなリスキーなマネはいたしません。

取り替え完了

ケースにガッチャンコと差し込んで、配線したら換装終了。

安定のツインドライブです。
今時、こんな構成のPC使ってるやついないだろうな・・・

ただでさえ最近のPCケースは5インチベイスロットが無いので、
次にケース買う時はひとつ減らさなきゃならないはず。
4Kのモニタとか欲しいので、そしたら211を残すべきなのですが、
206外すの、惜しいです。

などと言ってますが、今までブルーレイドライブ購入してきました中で、
まだ一枚もメディアに焼いたことがねぇ!
というのはここだけの話であります。



宝の持ち腐れとも言う。


テーマ:PCパーツ - ジャンル:コンピュータ

  1. 2018/06/24(日) 09:51:46|
  2. 内蔵ドライブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

M.2 SSDのヒートシンク換装

取り外したSSD

ファンケーブルもスリーブ化したことですし、
ヒートシンクを交換したいと思います。

まずは取り外したSAMSUNG NVMe SSD 960PRO。
安物とはいえちゃんとヒートシンクとファンまで付けてたのに、
何が悪かったのやら・・・

ヒートシンク外したSSD

ヒートシンクは購入時に付いていた熱伝導シートじゃ薄すぎて全てのチップに貼り付かないようでしたので、
別途いいやつを購入してたんですけどね。

剥がしてみると、しっかり貼り付いていたのが確認できます。

ヒートシンク裏

SS-M2S-HS03付属の熱伝導シートは、
高性能な日本製の超低硬度放熱シリコーンパッドとのことです。
厚みも十分ありそうですので、あえて別途購入せずこのまま使用したいと思います。

ヒートシンク乗せた

シリコーンパッドの保護シートを剥がし、SSDの上に乗っけます。
アイネックスのものとは異なり、長さも十分でチップの端から端まで全て覆われております。

テープ固定

付属の耐熱絶縁ポリイミドテープでSSDとヒートシンクを固定。
絶縁ポリイミドテープは一巻き1000円くらいで売られてますので、
購入しておけばいろいろなとこで使えそうなのでまた購入したいと思います。

ファンセット完了

そして2.5㎝ファンを付属のネジとスリーブで固定すれば完成。

マザー取り付け

こうして再びマザーにセットすれば換装終了となります。

数時間後

起動して数時間後、以前なら同じくらい起動させてたら50度になってた頃合いですが、
今のところ35度という温度で安定しております。

ヒートシンクが優秀なのか、ツインファンが良かったのかよく分かりません。
ファンを外して検証してみたい所なのですが、
もう一度PCを引っ張り出してサイドパネルを開けてという作業が面倒ですので、
これにて勘弁していただきたいと思います。

 

ツインファン化して、なんとなく騒音が増えたような気がする。


テーマ:PCパーツ - ジャンル:コンピュータ

  1. 2018/06/23(土) 20:52:15|
  2. 内蔵ドライブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

M.2 SSDの熱い夏! ヒートシンクの交換の巻

危険

何気なくCrystal Disk Infoを立ち上げたところ、
ピロリロリン♪
という可愛らしくも忌々しい悪魔の調べが鳴りました。

M.2スロットに差したサムスン製SSDの温度が上昇中!

一応、熱対策にアイネックス M.2 SSD用ヒートシンク HM-21に加え、
同社製25ミリファンファンのCFY-2510まで奢ったというのにまだ足らんか?

パッケージ

6月でこの状態なら、夏の盛りになるとどうなるか分かったもんじゃありません。
とっとと新しいヒートシンクと交換したいと思います。

買ったものは長尾製作所のファン付きヒートシンク、SS-M2S-HS03であります。
(販売は株式会社親和産業)
こだわりの日本製であります。
Amazonにて2545円で購入。

パッケージ裏

パッケージの裏面からも日本製であることが誇らしげに謳われております。

内容物

内容物。
アイネックスのものとは異なり、丁寧な説明書まで入っております。

ヒートシンク本体

ヒートシンク本体です。
SS-M2S-HS03ではなく、
SS-M2S-HS01というファン無しのものもあり、
値段も1466円と1000円以上安いのですが、こちらはネジ穴が無いため後からファンを取り付けることが出来ません。

厚み

しかし、2mmの厚さとは言え、ヒダヒダのフィン状ではなく、
Uの字に曲げられただけのアルミ板。
本当に効果があるのかちょいと不安に駆られております。

まぁ念のためにアイネックスに付いてるファンも組み合わせてツインファン構成にするつもりです。

シンルイリアンのファン

ファンはXINRUILIAN社 (シンルイリアン)製のものが付属しております。
シンルイリアンと言えばその昔、これさえ選んでおけば大丈夫と言われてた鉄板メーカーであります。

今でこそ優れたメーカーのファンが存在するため、めっきり名前を聞かなくなりましたが、
自分はシンルイリアン製のファンをうれしく感じております。

ファン固定用ネジ

ファン固定用のネジとスリーブ。
付属のファンともう一つ取り付けられるように2セット付いております。

装着イメージ

装着イメージはこんな感じです。
実際は吹き下ろしの形でファンを取り付けるため、ラベル面を下に向けなければいけません。

ツインファンにするのはいいのですが、もう一つファンを増やすとなると、
ファンケーブルを差すコネクタが足りなくなってきます。

ただでさえM.2 SSDのファンは二分岐ケーブルにてケースのサイドファンと同じコネクタにつないでおります。

ケーブルの長さを気にしなくてもいいなら上の方とかにあるのですが、
あまりケーブルがのたうつのも美しくありません。

何処かで三分岐ケーブルでもあればなぁと思うのですが、
そんな無茶な製品あるわけが無い!

三分岐ケーブル

と思ってたら売ってやんの!!
ものはDemiawaking 4ピン PWMファン 延長ケーブル 1~3ウェイス 岐ケーブル というやつで、
Amazonにて一本371円にて販売されておりました。
あまりの珍しさから2本セットの516円の方を買いましたが、ものは怪しい中国製。
Amazonからでなくドンブラコッコと中国から直送されてきました。

ぱっと見はスリーブを施されていて高級感があるのですが・・・

根元

作りは非常に強引な作りで、
二分岐のファンケーブルは散見されますので、一つのコネクタから二本線はいけるのですが、
さすがに三本線をまとめることは出来ません。
三本目はコネクタの根元付近からバイパスしてつないでおります。
だから見た目を隠すためのスリーブ化だったんだと納得しました。

しかし、マザーのファンコネクタ一カ所から3つのファンをつなぐのはさすがに危険だと思うのですが、
つなぐ予定の20㎝ケースファンが回転数 700 RPMで0.16 A(最大 0.28A)。
ヒートシンク用の2.5㎜ファンがどちらも10000 RPMですが0.08A。
足しても0.32A(最大0.44A)。
確か、マザーのファンコネクタは最大1Aまでとなっていたと思うので、
今回セーフと思うことにします。

みなさんは危険ですのでマネしないようにしてください。

こちらもスリーブ化

そんなわけで、こちらも負けじとスリーブ化。

 

果たしてこの作りで効果があるのか・・・


テーマ:PCパーツ - ジャンル:コンピュータ

  1. 2018/06/23(土) 10:39:09|
  2. 内蔵ドライブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SAMSUNG NVMe SSD 960PROを買う

気に入らない。
USB3.0がすんげ~不安定で、きちんと3.0のポートに差しているにもかかわらず、
USB3.0のポートに差すともっと高速になりますよ?って警告が出るのが腹が立つ。

起動時の二回に一回、なぜかノートン先生が起動していなくて、
そのたんびに再起動するのがめんどくさい。

TVチューナーもちゃんと見られるのはごくたまにしかなく、
ほとんどB-CASカード差してるICカードリーダーが読み込めなくて起動出来ない。
そもそもBSとかCSなんぞ契約してないので、見るのは地上波だけだというのに、
なぜB-CASが必要なのか?

そしてそれら不安定の寄せ集めた最たるものがOculusRift。
認識したりしなかったり、OculusTouchが振動しっぱなしだったりは相変わらずである。

これは多分、Windows10を8からのアップグレードでインストールしているせいだと。
余計なゴミファイルとかが残ってるからこんな不安定なんだと個人的には思ってたりします。

せっかく新規で買ったDSP版Windows10もあることだし、クリーンインストールした方がいいとは思うのだけれど、
不具合があちこち生じつつも、騙し騙し騙し騙し使っているのは、
ひとえに面倒臭っいからであり、
どうせクリーンインストールするなら新しいCPUとかマザーを入れ替えてからにしたい。
と思ってるからに他ならないからです。

しか~し、こちらもそうそう資金に余裕があるわけでも無く、
システムの新調が容易に出来ないなら、
せめてシステムドライブだけでも新調して、クリーンインストールしてやろうと思ったわけで…

960PROパッケージ

買ったのがSAMSUNGのM.2 SSD、960PROの512Gです。

あまり半島ものは好きでないのですが、
ことM.2 SSDに関してはこれ一強って感じですので、仕方がありません。

Amazonで40303円!
クソ高っい!!

けど妥協したくなかったんやぁ!!

高速でできるだけ爆熱でなく、MLCでってなってくると、
納得いくのがこれしか無かったんやぁ!

960PRO箱出し

などと言いつつ、今使ってるM.2 SSDもSAMSUNG製なんですけどね。
しかし今回はゴージャスな正規パッケージ版!
バルク品ではありません。

本当はバルク品のSM961 MZVKW512HMJP-00000で妥協したかったんですけどね。
こっちの方が性能は960PROと同等で値段が1万円程安いから。
でもバルク品はアマゾンじゃ売ってなかったし、
溜め込んでたアマゾンギフトの期限が迫ってきてたので、どうしてもアマゾンで買う必要があったし、
いろいろ悩んでいるうちにギフトの期限当日になってしまったのでスパッと買ってしまいました。

960PRO表

あぁ小さい。
こんなもんが4万円。
前に買ったM.2 SSDの時も同じ事を言ってましたが、
M.2 SSDというやつは実にコスパが悪いような気がします。

960PRO裏

裏面です。
基板のパターンの上から真っ黒に塗られてあってお高級な感じがします。
なんかいろんな適技マークの書かれたシールが貼ってあります。

裏面シール

その適技シールは銅箔になっていて、熱を逃がしやすくする工夫がなされております。
が、それは裏面のシールだけで表面のシールは普通のシールっぽいです。

どうせやるなら裏表に銅箔シール貼れよ!
ってゆ~か、せめて表面にしろよと言いたいです。

大体、こんな一部だけの寸足らずな銅箔シールにどれほどの効果があるのか、
はなはだ疑問に思うわけで・・・

3点セット

960PROは950PROに比べて発熱が少ないとは言われているものの、
やはりM.2 SSDの例に漏れずクソ熱くなるのは間違いないと言うことですので、
買ったのがヒートシンク。

一番安いアイネックス M.2 SSD用ヒートシンク HM-21というやつで、お値段575円。

2000円出せば裏表から熱を逃がすようなタイプが買えるのですが、
それよりもファンを付けた方が効果的なのではないかと、同じアイネックスでHM-21に付けられる、
25mm 薄型ファンのCFY-2510とより放熱性を求めて M.2 ヒートシンク用放熱シリコーンパッド HT-13も購入。
ファンが820円とシリコーンパッドが620円と三点合わせて2000円超えるので、
素直にもっといいやつを買えば良いのに、ファンを付けてみたかったのでこちらにしました。

短い

んで、ヒートシンクを出して見るとどうもヒートシンクが短いような気がします。

やっぱり短い

重ねてみるとやっぱり短い。

発熱は端子付け根のコントローラーチップが大きいはずなので、
コントローラーチップ全体は覆うように重ねてみると、反対側のメモリチップの半分ははみ出てしまいます。

けど、まぁ仕方ない。
これで試してみて駄目なら他のやつを買えば良いさと言うことで。
次回、実際に装着してクリーンインストールしてみた結果…
と言いたいとこですが、またしてもどえらいことをやらかしてしまったんです!

急雲風を告げる次回、お楽しみに!?

   

これが序章に過ぎなかったという・・・


テーマ:自作パソコン - ジャンル:コンピュータ

  1. 2017/11/04(土) 08:19:21|
  2. 内蔵ドライブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

UHS-IIのSDカード対応の内蔵式カードリーダーを見つけたので買ってみた。

OM-D E-M1MarkⅡを購入し、UHS-Ⅱ規格のSDカード対応となったので64Gのものを購入。
となれば次に欲しくなるのがUHS-Ⅱ対応の内蔵式カードリーダー。

そんなの無くても下位互換性があるのだから、今まで使ってたカードリーダー使えばいいじゃん!
速度なんて気にしなくていいじゃん!
などと自分でも頭では分かっているつもりなのですが、やはり欲しいものは欲しい!
せっかくのUHS-ⅡSDカードの速度を体感出来るカードリーダーが欲しい!

そんなわけで以前から探しているのですが、外付けはそこかしこでみかけるものの、
内蔵式となるとこれが全く見当たりません。
ただでさえ自作PCのトレンドは内蔵式ドライブをレガシーなものとしていて、
大きなタワー型ケースでオープンドライブベイを廃したやつが主流になりつつある今、
内蔵式の3.5インチのカードリーダーなんて作ったところでどれだけの需要があるか怪しいところ。

もう諦めて古いタイプのカードリーダーを使い続けるしかないかと半分諦めてはいたんです。
ところが、何気に検索かけたらそれらしいものを発見!

スターテック

スターテック社という聞いたことの無いメーカーですが、
どうもここでUHS-Ⅱ対応のカードリーダーが出ているようです。
(今時のメーカーサイトにしてはやけにごちゃついたサイトで、目的のページにたどり着き辛い!
 そのせいもあってか胡散臭さプンプンで、本当に大丈夫か?と思わなくは無いですが、
 今のところここしかUHS-Ⅱ対応のカードリーダーが無いので選択の余地無しです。)

Amazonでも売られているみたいですので早速ポチりました。
お値段4410円です。

箱

翌日届きました。

中身

中身は本体と説明書とネジのみ。
メーカーサイトやパッケージには2年保証と書かれてありますが、
保証書みたいなものは一切無く、壊れたりした場合は一体どうすればいいのやら?

比較

では早速、交換がてら今まで付いてたオウルテックのOWL-CR6U3と比較。
上がオウルテックで下が今回買ったスターテックのやつ。
スターテックの方はSDカードのスロットが2つになっております。
その代わりxDカードスロットが廃されておりますが、
自分は全く必要としないので問題ありません。

何気にコンパクトフラッシュ6.0にも対応している模様。
(D300以降コンパクトフラッシュは利用してないので、6.0と言われてもピンとも来ませんが)

ベゼルがオウルテックノものとは異なりフラットな形状なのがいいです。
ただ、オウルテックのような交換用ベゼルは付いていないので、カラーは黒しか選べません。

ケーブル

ケーブルは1本線だったオウルテックの方が取り回しに便利だったのが、
スターテックは2本線をまとめた形状のもので、少々堅くて邪魔な感じ。
まぁこちらの方が信号の安定性とかには優れていそうですので良いのかも知れません。
少々ケーブルが堅くてもスターテック製のやつは本体直付けのケーブルなので、
SkydigitalのSKY-TFe30みたいに本体側もコネクタで接続するタイプが故に
すぐに外れてしまうって事はないのが救い。

けど、両方とも台湾製ってことはどちらも製造元は同じとこが作っていて、
今回のUHS-Ⅱ対応のカードリーダーもベゼルのデザインを変えながら、
他所のメーカーでも出てくるんじゃないでしょうか?

UHS-Ⅱスロット

早速、PCに取り付けてUHS-ⅡのSDカードを差し込んでみました。
UHS-Ⅱ対応のカードは端子が2列あるせいでしょうか、非常に深く差し込む必要があるみたいです。

オウルテック

まずはオウルテック製のカードリーダーであらかじめ取ったベンチがこれ。

スターテック

そして期待のUHS-Ⅱ対応のカードリーダーで計った結果が・・・
え?
ほとんど変わってない?
なんで?

これじゃわざわざ買った意味がないがな!

SDスロット

とりあえず右のSDカードスロットに差し替えてみるも、結果は当然のごとくほとんど変わらず・・・

やり直し

こんな結果なら買わない方が良かったなどと後悔の念が頭の中がぐるぐると回り始め、
保証書は無いけどメーカーに問い合わせてみようかと考えながら、
それでももう一度計り直してみようかと左のスロットに差し替えたところ、
カチリと最初に差した時とは異なる手応えがしてカードが押し戻されてきました。
不思議に思ってもう一度差し込むと、またカチリと音がして奥まで差し込まれました。

UHS-Ⅱのスロットって、プッシュ式の挿入口になってるんですね?
それが出荷状態でなぜか挿入した状態でロックされていたため、
最初に挿入した時、上手く奥まで入っていないがためUHS-Ⅱ対応のカードとして認識されなかった模様。

改めて計ったベンチが上の写真です。
公称値とはいかないまでも、今までのSDカードに比べれば速い速い!
ベンチマークも結果が出るのに時間がかなり短縮されました。

いやぁ、一時はどうなるかと思いましたが、無事に内蔵型のUHS-Ⅱ対応カードリーダーの換装が出来ました。



今はこれ一択。

テーマ:PC周辺機器 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2017/04/18(火) 20:56:32|
  2. 内蔵ドライブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

250分の1

Author:250分の1
知ったかぶって書いてます。

物欲のつぶやき

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する


にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ
にほんブログ村

こんなの参加してみました。
ポチっていただけると嬉しいです。


ブログランキング
順位は低いです。