物欲の小径

己が衝動に任せて買ったあんなものこんなもののプチレビュー

ブラザーDCP-J567N用空インクカートリッジを購入

インクボトル

2011年の9月、ブラザーのDCP-J715Nというプリンタを買い、
タダインクの大容量インクタンクと補充インクをアマゾン経由で購入して使っておりました。
当時の記事はこちら。

あまりの大容量かつ、プリントする機会がめっきり少なくなっていたため、
補充用インクを使うどころか元々大容量インクタンクに入っていたインクを使い切る前にプリンタが昇天。
新たにDCP-J567N用の大容量インクタンクを買おうかと思ったものの、
未使用の補充インクがもったいないので空の大容量インクタンクが欲しいと願っても、
タダインクさんではインクタンクだけの販売はしておりません。

カートリッジ

で、以前からアマゾンで目をつけていた空カートリッジがありまして、
これが自動リセットチップが付いていて、インク切れの表示が出ても、
カートリッジの抜き差しするだけでリセットされるという便利な代物。

純正カートリッジのチップを移植する必要や別途りセッターを購入することもなく、
ただインクを補充するだけの簡単さに惹かれてほしいものリストに入れていたのですが、
人気があるのか生産量が少ないのか品切れ状態が続いていて、なかなか手に入りません。

そうこうしてる内に、純正のインクが切れ始め、
やばいなぁと思ってた矢先に運良く在庫が入ったとのことで販売が再開されていたのをゲットしました。

純正との比較横

純正との比較。
透明カートリッジで中身がよく見えます。

純正との比較ノズル

ノズル部分の比較。
細部形状が異なりますが、使えれば文句ないです。

純正との比較正面

正面。
純正と異なり、インク補充穴と空気穴があります。

純正との比較チップ

上面比較。
多くの空インクカートリッジはチップが搭載されてなくて、
使用時に純正カートリッジからチップを取り出して移植し、
別売のリセッターでチップの情報を書き換えて使うものばかりでしたが、
自分が見つけたのが唯一、最初からチップが内蔵されていてリセッターを使わずに自動リセットされるものでした。

パーツ

購入して送られてきたものはCMYKの4つのカートリッジがシュリンクパックされた状態で、
説明書も何も付いて無くて、カートリッジの個数分こんな黒いパーツが付いておりました。

ノズル部アップ

中華製の怪しい製品によくある、
説明書代わりにアマゾンの製品サイトで説明してるからそれ読んでねというスタイルで、
黒パーツは取り付けないとプリンタに識別されないものらしく、
まず右側面の黒い出っ張りの部分のこの空いた空間に・・・

パーツ装着

横から差し込んで穴を塞いでやると良いらしいです。
ちょっとわかりやすくと思って、純正カートリッジを重ねて写真撮ってしまいましたが、
かえってわかりにくくなってしまってたらごめんなさいです。

インク補充

それで正面の補充穴と空気穴のゴム栓を外し、
8~9割くらいインクを補充し、補充穴の白い栓だけ取り付けたら完成。
(空気穴の色の付いた栓は外しておくみたいです。)

8~9割どころかうっかりインクをあふれさせて偉いことになったのはお約束です。

プリンタに装着

補充したカートリッジをプリンタに装着。
大容量インクタンクではないので、このままカバーを閉じてすっきりさせられますし、
カバー開きっぱなしで内部にまでホコリが溜まることもなくていいです。

液晶表示

プリンタ上やはり非純正と表示されておりますが、
今のところ問題なく印刷されております。

まぁ今回も補充インクを使い切る前に本体がいかれてしまうと思われますが、
もし全色入れ替えてみて、何か問題が起こればまた書かせていただきます。



年賀状もオンライン印刷で直送してもらうようになって、
ますますプリンタの使用頻度が下がっております。


テーマ:PC周辺機器 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2018/02/15(木) 21:04:02|
  2. 入出力機器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

結局、ロジクールのトラックボールEX ERGOの使い勝手はどうなんだという話 その1

パッケージ

昨年9月に発売されたと同時に購入し、鮮度が良いうちにレビューをと思ったのですが、
一通り使ってみて納得してからレビューしようと決心いたしましたので、
今更感が強いですが年明けになってようやくのレビューです。

お待たせしました、ロジクールのハイエンドトラックボール EX ERGOでございます。

オープン

パッケージはわざわざマグネットで開閉できるようになっております。
裏の裏側にボタン電池大の磁石がセロハンテープで貼り付けてありました。
ゴミとして出す際に分別しやすいエコなパッケージですね。
ただの紙パッケージならもっとエコだったのですが・・・

内容物

華美な外箱とは裏腹に内容物は本体とレシーバーとケーブル、
あとは保証書とリサイクルの際の分別方法の説明が書かれた紙が入っているだけ。
説明書の類いは入っておりません。
のちにこれがトラブルの解決に右往左往する羽目になるのです。

上面

本体上面。
手のひらを置く箇所は分厚いゴムみたいなもので覆われていております。
よくある薄いゴム引きの塗装ではなく、これなら少しは経年劣化に強そうな気がします。

正面アップ

スクロールホイールはロジクールのトラックボールにして初のチルトホイールになっております。
願わくばスピンホイールで軽快なスクロールができるようになってくれたら言うことなしでした。
ホイールの回し心地は可もなく不可もないのですが、
エレコムのトラックボールのような使ってて指が痛くなるものでないだけ好印象です。

あと、ホイール上のスイッチはおそらく二台のPCを切り替えて使うためのスイッチと思われます。
説明書がないためよく分かりません。
恐ろしいことにメーカーサイト上でも説明書の類いは見ることができません。
理由は後ほど分かるのですが、取って出しのメーカーのソフトウェアをインストールしないで使う人は要注意です。

この切り替えスイッチが結構指に触れてしまい、ふと持ち上げて移動した際に、
動かなくて焦ることが頻発しております。

左クリックボタンの脇に戻る進むボタンがあるのですが、
高さが妙に低くフラットになってしまったのと、ボタンのストロークが浅くて押し心地も柔らかいため、
ウェブの反応が鈍い時にちゃんと押されたのか不安になって何度も押してしまい、
自分の意図しないページまで戻ったり進んだりすることが多いです。

左右のクリックボタンは従来品の3倍の1000万回クリック耐性を誇るスイッチを採用しているらしいです。
これでアマゾンからオムロン製スイッチを取り寄せなくても良さそうです。

ホンマかいな?

ボール

ボールは今までの青いものとは違い、灰色のボールになりました。
M570とサイズは同じですので、カラーリングが気に入らなければ替えてもいいかと思います。
エレコムのトラックボールみたいに純正のボールをロジの青ボールに交換した方が動きがいいと言うこともなく、
動作に問題はありませんでしたので、自分はこのまま使うことにします。

ですが、ボールの上にあるボタンがくせもので、
押せばカーソルの動きが遅くなり精密な動作が行えるようになるのですが、
これもうっかり触れてしまい、急にカーソルの動きが悪くなって焦ることが多発しております。

ホイール上部の切り替えスイッチにしろ精密動作ボタンにしろ、
知らない間に押してしまうので、トラックボールのランプを確認してしまうことが多いです。

センサー部

センサーまわりはこんな感じです。
支持球は人工ルビーではなくセラミック製のようです。

ゴミは結構たまりやすいのですが、

ホール

この通り裏面のボールを押し出す穴が非常に小さく、
指で押し出すのが不可能な仕様となっております。

充電中

実際の使用の前に充電。
急速充電対応で、わずか一分の充電で8時間使え、
フル充電で4ヶ月もつとのことですが、実際はフル充電で2ヶ月半くらいでした。

M570は単三電池一本で半年は持ちますし、
電池が切れれば充電する必要なく入れ替えるだけでよかったので、電池式であって欲しかったです。
ロジクールはハイエンドのやつは充電式になってくるので諦めるしかないでしょう。

この商品は保証期間も2年間と以前のものより短くなっておりますので、
電池がへたった時は自前で互換品を取り寄せて交換したいと思います。

長くなりますので続きは次回。



いや、ほんまに高いっす。


テーマ:PC周辺機器 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2018/01/08(月) 16:56:25|
  2. 入出力機器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

絶叫、Oculus地獄!三丁目、そしてマイクロソフトが参戦!!

Oculus Riftの記事をアップするにあたり、画像をキャプチャして一緒に上げねばと思い、
どうしたら簡単にキャプチャできるかググったところ、
Windows10から搭載されるようになったXboxアプリの機能の一つゲームバーを使用すればいいとのこと。

早速Windowsストアからダウンロードしてインストールしますと、
何やらアカウントを設定してくれと言うので、
XBOX360買った時設定したアカウントでよさげだったので入力したら弾かれてしまいました。

再設定しようにも、入力したアドレスはすでに使用されていますと言うので、
結局はパスワードを忘れたとして、パスワードをリセットし、新たなパスワードを入力することに。

パスを考えるのが面倒なので、適当な生成サイトで強固なパスを生成し、
作製したパスはパスワード管理ソフトに放り込んでおきました。

そんなこんなで使えるようになったゲームバーとやらも、
どういうわけか自分のPCでは上手く動作しないというか、キャプチャの設定項目自体出てこないので、
XBOXアプリの使用は諦めて、SnapCrabというキャプチャソフトを見つけたので、
それをインストールして使うことにしました。

そして翌日、PCを立ち上げると、
ログイン画面が表示されてパスワードを入力しないとログイン出来ない状態に陥りました!!

え?
Windows10の設定時にログインパスなんて入力しなかったはずなのになんで?
何を入れても弾かれる!もしかしてOSの再インストールが必要?
そんな急に言われてもバックアップとかどぉすんの?

などとパニクってましたが、まぁもちつけワシ!
ってことでiPadを引っ張り出してWindows ログイン出来ないで検索してみると、
どうもログインパスを求めてくるのは2つのパターンがあって、
一つはOS自体が求めてくる場合と、
もう一つがマイクロソフトアカウントが求めてくる場合で、
ユーザー名にメールアドレスが記載されているログイン画面は後者の方だと・・・

XBOXアプリ、貴様か!

要はXBOXアプリの設定の時に使ったパスを入力すれば良いだけなのですが、
自分でも覚えていないパスはPCの管理ソフトを開かないと見ることが出来ず、
そのPCはパスが分からないのでログインが出来ないという・・・

幸いにもiPad上でマイクロソフトのサイトにアクセスし、自分のメールアドレスを入力、
パスワードのリセットを申請するとメールにてパスコードが送られてくるので、
iPadで開いた申請画面にパスコードを入力し、新しいパスワードを入力すれば完了。

あとは新たに設定したパスワードをPCのログイン画面に入力すればログイン出来ました。

2回目はわかりやすいパスにしたのですが、もう二度とこんな思いはしたくないです。
コントロールパネルからPC設定でアカウントの変更から、
ローカルアカウントでのサインインに切り替えておきました。

これにて一件落着かと思いきやその数日後、
起動時にまたもやマイクロソフトアカウントによるログイン画面が現れました!

キ~~~~!!!

速攻でマイクロソフトアカウントやらXBOXアプリやらを削除したのは言うまでもありません。

むかつくことにマイクロソフトアカウントは削除しようとしても、
完全に抹消されるのは翌月末になるそうで、その間は今も削除されますよ~って警告が毎日出てうっとうしいことこの上なく、
さらに起動させるたびにMicrosoft OneDriveだかが勝手に立ち上がってパスワードを求めるようになったりして、
これをアンインストールするのにコマンドプロンプトにてコードを打ち込まなければならなかったりして、
非常に面倒くさいことになります。

Xboxアプリなんか入れてはいけない!
これに尽きます。

10/9追記
そして現在、Oculus Touchなのですが、右のコントローラーがファンファンファンファン・・・と断続的に震え、
全く操作ができない状態が再び起こっております。

ソフトウェアのアンインストール、再インストールをしても駄目。
デバイスのフル設定をしてデモ地獄を抜けてメニュー画面になったとたん振動エラーが起こって駄目。

今回は今までの対処法が全く効果が無く完全お手上げ状態です。
もぉしんどくなってきました。

10/14 更に追記
今週、すっかりやさぐれてどんどん良からぬ考えがふくらんでしまって、
こうなったらOSのクリーンインストールを試そうと思ってましたが、
どうせやるならもう一度とダメもとでオキュラスのソフトを再インストール&再セットアップしたところ、
普通に起動。

恐れていたデモ地獄もキーボードのエスケープキーを押せばスキップされることが判明。

この状態が上手く行くならばOSのクリーンインストールも要らないのではと思うも、
オキュラスだけでなく、あちこち不具合が出てきて騙し騙し使っている状態ですので、
新しいシステムを構築しないならば、せめてクリーンインストールだけはしておかないとなぁと考えております。

テーマ:AI / AR / VR - ジャンル:コンピュータ

  1. 2017/10/08(日) 20:05:10|
  2. 入出力機器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

苦境、Oculus地獄!二丁目の巻

セットアップを済ませ、ゴーグルを装着。
眼前に広がるVRの世界。

おおぉぉお~
もう感動モンです!

スマホ用VRゴーグルにiPhone4を装着して体感したような、
隙間から覗くなんちゃってVRとはわけが違います。

デモその1

起動と同時にデモが始まります。
なんかラボのようなごちゃついたPC部屋みたいなところに自分がいて、
ロボットを起動させて、手を振ってコミュニケーションとって、
ディスクを受け取り3Dプリンタみたいなやつで作られた蝶を手に停まらせたり、
楽器を鳴らしたり、吸盤の矢が出る鉄砲で的を撃ったり、ロケット飛ばしたり、
いちいちおぉ~って感動しながら、
最後に受け取ったディスクを起動させると部屋が輝きだしてメニュー画面に移るわけです。

あとはストアでフリーのソフトをインストールしたり、有料のゲームを買ったりするのですが、
ここいらの詳しい話はまた別の機会にお話しするとして、
まぁ調子に乗っていろいろインストールしてみたわけです。

翌日、PCを立ち上げるとOculusのソフトウェアが起動して、
Oculus Riftが自動的に認識されるわけですが、
なんかOculus Riftのヘッドホンからファンファンと絶え間なく警告音が鳴り始め、
同時にOculus Touchが警告音に合わせて振動し続けております。
ゴーグルを被って操作させようにも全く受け付けません。

いろいろ検索して解決方法を調べた結果、デバイスの再設定をすればいいとのことなので、
素直にセッティングからデバイスの再設定を行ったところ・・・

デモその2

再び始まるデモプレイ!
ロボットを起動させて、手を振ってコミュニケーションとって、
ディスクを受け取り3Dプリンタみたいなやつで作られた蝶を手に停まらせたり、
楽器を鳴らしたり、吸盤の矢が出る鉄砲で的を撃ったり、ロケット飛ばしたり・・・

これ、スキップ出来ないのかよぉ!!

で、デモプレイを終え、やっと警告音やら振動やらで操作不能な状態から解放されたと安堵した数日後。

今度はボタンを押すと警告音と振動がして、操作できない状態が再び!

デモその4

ロボットを起動させて、
手を振ってコミュニケーションとって、
ディスクを受け取り3Dプリンタみたいなやつで作られた蝶を手に停まらせたり
以下略


おぉぉぉのぉぉぉ・・・・

要は自分のPC上だとOculusは不安定だと言うことが分かりました。

その後、デバイスの再設定で無く、オキュラスのソフトウェア自体を再インストールすれば、
設定を引き継いだままデモプレイに入ること無くプレイすることが出来ることが判明。

今も、USB3.0ポートにつないでるはずなのにつながってませんと警告が出たり、
デバイスマネージャーで不明なデバイスと表示され続け、
Oculusのフォーラムにてセンサーのドライバを手に入れてインストール&再起動させても解決しなかったりしてますが、
とりあえずは騙し騙し使えているので気にしないでおこうと思います。

どうせすぐに飽きて箱にしまい込まれるのが先でしょうし。



Amazonは故障した時の保証がないので止めておけと言いたい。


テーマ:AI / AR / VR - ジャンル:コンピュータ

  1. 2017/10/08(日) 18:24:11|
  2. 入出力機器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Oculus Rift用に買ったアクセサリ その2

さて、自分が買ったOculus Rift、
メガネを使用している人には非常に使いづらいと皆が口を揃えて仰ってます。

自分はメガネを集めるのが結構好きで、10本くらいのメガネを所有していて、
Oculus Rift用に一番小さなフレームのやつを用意して、ゴーグルをかける際にはそれを利用するようにしたのですが、
付ける際にはまずゴーグルに顔を突っ込んでからヘッドバンドを後に引っ張って装着し、
外す際には後ろ手に回したヘッドバンドから引き抜かなければメガネが引っかかるという、
非常に付け外しが面倒なものとなっております。

また後述しますが、ソフトによってはOculus Touchの操作を受け付けず、
いったんPC上でマウス操作しなければならない場面がたびたびあって、
その際にゴーグルをずらして額の上に上げての操作が不可能に近いものがあり、
だんだんメガネ無しのぼやけた画面でも実際の液晶の距離はそれほど離れてないので、
実世界よりはまだ見えるからいいやとメガネ無しで使ったりもしましたが、
やはり近視用の補正レンズがあればなぁと思うのが正直なところ。

ネットで検索すると、海外でOculus Rift用のレンズフレームの3Dプリンタ用データを公開しているところがあって、
これをダウンロードしてプリントアウトサービスに依頼して、レンズを取り付けようと考えました。

データをDMM.makeという所にアップして見積もりを取ると、
最低のナイロン素材だと1928円でプリントしてもらえるみたいです。
ただ、これにレンズを付けてもらうとなると、街の眼鏡屋さんでは断られるそうで、
この3Dプリンタのデータを公開した人が勧める海外製のメガネを取り寄せるのが最良とのことで、
なんだかんだで1万は優に超えてしまいます。

ぶっちゃけそれほど熱心に遊ばないであろうVRのために、それほどのお金を掛けたくないと思ったので、
3Dプリンタは諦めることにします。

水中眼鏡用レンズ

代わりに買ったものがリーフツアラーの水中マスク用 レンズ フレームとレンズ。

安いとこだとセットで1500円くらいで買えるのですが、そもそもの用途が水中マスクの中に仕込むやつ。
おそらくそんなに需要が無かったものが、急にVRゴーグルに使えるとなって需要が爆上がり中。
安いところは欲しい度数のレンズが品切れしていて、在庫のあるところは値上がりしております。

Amazonで買おうと思ったのですが、自分の欲しい度数がなかったので、
ヤフーショッピングのダイビングショップにて手に入れました。
フレームとレンズ込みで2700円+送料648円。

フレーム

フレームは前後の区別はないようです。
上下左右ゴーグルに突っ張って留める足というか羽根みたいなものがあります。

他所のユーザーさんはその足の先端が幅広くなってる部分を削ると良いみたいな事を書いてますが、
自分は無加工で取り付けてみたいと思います。

レンズ

レンズです。
プラ製で曇り留め加工が施されているとのこと。
-2.0、-3.0、-4.0、-5.0、-6.0と1刻みの5種類しか無く、
自分の普段使用しているメガネは右-2.0、左-2.5ですので、0.5刻みで欲しかったのですが、
無いものは仕方ないので近いものとして-3.0と-2.0を購入。

さらに自分は乱視も入っているのですが、当然このレンズは乱視には対応しておりません。
これも無い物ねだりしても仕方ないとあるものをありがたく使わせてもらうことにします。
どうしても近視+乱視を補正したい人は、3Dプリンタで出力したフレームに眼鏡用レンズを入れることをおすすめします。

合体

特に前後とか気にする必要は無さそうですので、
適当に左右のレンズをはめ込んでみました。

はめ込み

あとはこれをゴーグルの本体とパットの間に装着したら出来上がり。

隙間

レンズを装着して、あれだけ苦労したメガネを掛けたままのゴーグルの付け外しが嘘のように解消されました。
いや、ホント、めっちゃ楽です。
自分は乱視持ちなんですが、ゴーグルを覗く分には特に違和感なく遊べております。

ただ、気になるのがゴーグルの中でフレームがピッタリ固定されてなくて、
遊びがかなり大きくて、付け外しの際に大きく動いてしまいます。
これがVRゴーグルのレンズとかち合ったりするので、このままじゃ互いのレンズに傷が付きそうで怖いです。

VRゴーグルのレンズに貼る保護フィルムが欲しいところなのですが、
日本で手に入るのがVIVE用ばかりでOculus Rift用は海外のAmazonでないと手に入りそうにありません。
値下がり効果でOculus Riftの普及率が少し上がったようですので、
どこかの輸入代理店がOculus Rift用のレンズ保護フィルムを仕入れ販売してくれることを祈ります。

更新遅れ気味ですが、次回接続編となります。

※訂正
記事アップした直後、Amazonで調べたらレンズ保護フィルムが売られてました。



早速購入したいと思います。
次回はレンズ保護偏?

 

メーカーもまさかVR需要があるとは思わなかったのでしょう。
Amazonでは品薄でレンズが選べません。

今のところYahoo!ショッピングの方が値段はともかく入手性は高いかと思われます。


テーマ:AI / AR / VR - ジャンル:コンピュータ

  1. 2017/09/24(日) 19:55:41|
  2. 入出力機器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

250分の1

Author:250分の1
知ったかぶって書いてます。

物欲のつぶやき

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する


にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ
にほんブログ村

こんなの参加してみました。
ポチっていただけると嬉しいです。


ブログランキング
順位は低いです。