物欲の小径

己が衝動に任せて買ったあんなものこんなもののプチレビュー

欲しいPCケースが日本では売っていないので、海外から取りよせてみたの巻

今使ってるCorsairの650Dもかれこれ7年の付き合い。

いろいろ改造もしました。
付属のフロントファンがうるさくて、速攻で他社製品に取り替えました。
フィルターも自作してみたり移動用のキャスター付き台も作りました。
後に大型の水冷ラジエーターが取り付けられなくて、内装パーツをゴリゴリ削ったりもしました。

純正、非純正のオプションも買いました。
サイドパネルはアクリルウインドウをメッシュパネルに交換しましたし、
自作フィルターを付けた後も、海外のPCショップで専用フィルターが売られているのを見つけ、
トップ、サイド、フロント用を買って取り付けました。

色々と手を加えてきたので、それなりに愛着はもちろんあるのですが、不満もあります。
マザーボード裏側のスペースが狭く、3.5インチシャドウベイのスペースもゆとりがないので、
配線の取り回しに苦労すること。
フロントファンの取り付けスペースが狭く、付属の20cmファンだとノイズが酷いため、
他社製の静音ファンに取り換えたものの、風量がどうしてもかせげず、
ケース内のエアフローに若干の不安があることもネックでした。

ケースの規格自体が古く、これから出るであろう新しい機器を導入する場合、
ケース内の部品などを切削したりの改造が必要となる事が多々あることを考えると、
もうそろそろ買い替え時が迫ってきているのでしょう。

7年の間にPCケースのトレンドもどんどん変わり、
タワー型のケースのだだっ広い空間はドライブとかを詰め込むためではなく、
光らせたり大がかりな水冷システムで魅せるための空間となってしまっている感じがします。

あの拡張性の雄と言われていたクーラーマスターのコスモスでさえ、
最新の機種は超巨大な図体にたった一つしか5インチベイが搭載されておらず、
自分から見たらウドの大木にしか見えないものに成り下がっております。

コルセアに関しては、自分が良く見ているエルミタージュというサイトの
2016.03.27 更新のインタビューにて、
編集部
5.25インチベイを無くした理由は?
•Michael氏Michael Hooper(Product Manager,Cooling and Accessories
あなたは使いますか(笑)。もちろんまったく使用しないわけではありませんが、ゲームをするユーザーもかつてのように光学ドライブを必要としません。日常でほとんど使わないものに、スペースを割くのは無駄。さらにエアフローレイアウトを考えた場合、3.5インチシャドウベイも含めドライブベイが無い構造は理想的と言えます。

などと発言していた段階で自分の中でコルセアという選択枝は消えました。

事実、コルセアはやたらめったらベカベカ光るだけでスペースが割かれたケースばかりです。

もはや自分の中で理想とするケースは汐見板金のAX2だけなのですが、
惜しむらくはサイドパネルがネジ留め方式な点で、
ワンプッシュで外せるものを要望しているのですが、なかなか叶えられずにいます。
叶えられたところで、自分の欲しい機能を追加していくと6万を超えるものとなるので、
絶対手が出せないなぁと半分諦めております。

本当に5インチベイの少ないケースばかりなのかというとそうでもなく、
探せば海外ではまだまだ5インチベイをふんだんに備えたケースも売られております。
しかしながら、日本では代理店のない聞いたことのないメーカーだったり、
あまりにも外装がゴテゴテしすぎて日本人受けは絶対しない代物が多かったりしますが、
なにより日本の自作ユーザーの大多数が求めていないので取り扱わないのだと思います。

せめて3つくらいは5インチオープンベイを持ち、裏配線がしやすく、
マザーにアクセスしやすく、シンプルな外観のケースはないものかと常時探しておりました。

デザイン的にはFractal Designが好きなのですが、
このメーカーも5インチベイを無駄な空間と判じてどんどん削除の方向に向かっております。

クーラーマスターのMasterCaseは5インチベイを不要な場合は取り外せる形で採用していて、
つい最近出たMC600PとかMC500Pなんかもかなり自分的にはいい線をいっていたのですが、
5インチベイをあと一つ増やして3つあればなぁというのが残念なところです。

コルセアとかも760Tとか古いやつなら今でも入手可能なやつはあるのですが、
24000円出して古いやつを買うのもなぁと思いますし、650Dの融通の利かなさでコルセアは懲りております。

今のケースでも使えているのでそんなに急ぐことでもないやと半分諦めつつも探していると、
Phanteksというオランダのメーカーのケースがデザイン的にもなんとなく気に入り、
Enthoo Proというミドルサイズのタワーが5インチベイが3つあり、
ボトム、フロント、トップの開口部にダストフィルターを備え、
電源のカバーもあるし裏配線もしやすいみたいで、かなり自分の求めるものに近いです。

ただ、自分が気に入ったやつがサイドパネルが強化ガラス製の限定モデルです。
魅せるだけのケース云々と文句を言っていたやつがなぜガラスパネルとお思いでしょうが、
このガラスパネルのモデルだけ、ヒンジの付いた開閉式になっていて、アクセスしやすいと思ったからです。

これならば欲しい。
できれば内部が白のスペシャルバージョンが欲しいのですが、
なければ普通の(それでも限定)黒いやつでもいいと思って、
Phanteks代理店であるアイテーシーやらオリオスペックやらパソコンショップアークなど
あちこちのPCショップに問い合わせてみましたが、どこも取りよせることが出来ませんでした。

国内で手に入れることが出来なければ海外で直接手に入れるしかありません!
しかもできるだけ安く手に入れたい!!
あちこち探し回ったところ、ケース自体の値段はともかく、
とにかくネックとなるのが配送料。
下手なところではケース以上の値段がします。

ebay

ようやくたどり着いたのがeBayでした。
本体が日本円で13312円、送料込みで15535円というお値段。
国内で流通しているこれの小型版のEnthoo Pro Mの強化ガラス版が14500円であることを考えても、
かなりお買い得なお値段であることに間違いは無いです。

PayPal決済出来るので、一度PayPalに住所含めた支払い情報を登録さえしておけば、
ポチっただけで後は送られてくるのを待つだけなのは便利です。

届きましたら追々レビューしていきたいと思います。



こちらEnthoo Pro Mの強化ガラス版。
自分が買ったのはこれの大っきいバージョンです。



日本では正規な取り扱いが無いことをいいことに、
すげーぼったくった値段になっております。



テーマ:PCパーツ - ジャンル:コンピュータ

  1. 2018/07/15(日) 17:16:35|
  2. PCケース塗装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

PCケースの塗装にチャレンジ その4

ケースの色は日産キューブの水色がかわいい!
と仰るので、気軽に引き受けたわけでして、
さ~て、色を買いに近くのオートバックスに行くも売っておりません。

少し遠くのスーパーオートバックスに足を伸ばすもここにもなく、
イエローハット、大型のホームセンターを回るも♯T11 エアブルーという色は、
タッチペンはあるものの、スプレー缶はホルツもソフト99もありません。

まさかと思ってメーカーサイトを調べると、スプレーは扱いで、
特定の店舗で調合しなければならない色である事が判明!

調合してもらうと1缶2000円オーバーで、
小型とはいえPCケースを塗るには2缶は必要だと思われ、
4000円以上も塗料にかけるのは予算も遙かにオーバーしてしまい、
相手に請求することが出来ません。

仕方ないのでキューブの水色はあきらめてもらって、
普通に売ってる塗料で気に入った色を使って塗装しよう。
などと考えつつも未練たらしくヤフオクで検索をかけて見ると・・・

自動車塗料作ります
900円即決
という文字が飛び込んできて、
お~っ!900円!!
これなら市販よりかなり安いんじゃね?
もぉ、俺ってば買い物上手~!

などと小躍りしながら落札した次第。

世の中、そんなに甘い話があるわけがない。

いざ取引のやりとりが始まり、
必要とするカラーの車種、塗装面積(大体軽自動車のドア一枚分くらい?)などを伝えたところ、
なんと、
4000円オーバー
の請求が来ました!
何でも特色扱いだからって、いやいやいやいや・・・それは分かってるからオークションに走ったわけで。

配合色により金額が変わる場合があります
って下の方に注意書き書かれてましたよ~!

で、結局、ホルツかソフト99の特色2缶頼むのと変わらないわけで、
ここまで来てキャンセルするのも評価とかあるし、後に引けなくなったわけで・・・

T11エアブルー

何だかんだで塗料ゲット!
500mlのペットボトル一杯に詰められて送られてきました。
この水色はボクの涙の色なのね?
そしてこの量はボクの涙の量なのね?
もうこうなったら赤字覚悟で良いモンに仕上げちゃる!!

しかし、これをスプレーで吹くとなると、エアブラシを使わなきゃならんということで、
コンプレッサー持ってないのでエアボンベ缶を買わなきゃならないわけで、
こうなったら年末買おうとしてたコンプレッサー付きの格安エアブラシも買ってやろうかと、
また物欲暴走列車が頭の中でぐるぐると・・・

※本当はこの色はクリアを吹かなければならないので、
 もう2000円クリア代を上乗せされてたんです。
 市販のクリア剤は弾いてしまうからおすすめ出来ないと言われたのですが、
 さすがに一気に6000円もの塗料代は勘弁してくれ~とお断りしました。
 クリアは家にある市販品のスプレーでなんとか・・・・できたらいいなぁ。

テーマ:自作・改造 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2015/02/22(日) 21:55:17|
  2. PCケース塗装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

PCケースの塗装にチャレンジ その3

さて、次はPCのケース本体のフレームとサイドパネルの処理に移ります。

単に色の塗り替えでしたら、このまま上にサーフェイサーとか吹き付けて、
下地の隠蔽をしてから好みの色に塗れば良いのですが、
皆様お持ちのPCケースを見ればお分かりかと思いますが、
大概のものはザラッとした梨地加工がされております。
今回購入したクーラーマスターのElite 361もその例に漏れず、ザラザラした表面加工が施されております。

日産キューブのような水色に塗装するのですから、
もちろん仕上げはツルピカなものにしたいわけで、
表面を紙やすりかサンダーを用いてなめらかにする必要があります。

塗装剥がし

耐水の紙やすりを用いて、手作業で磨くのは凄く面倒臭いので、
ここは塗装はがし液を使って塗装を剥がしたいと思います。

アサヒペンとか家庭塗料用のはがし液もあるのですが、
思ったように落ちないとか言うので、一番評価の高かった自動車用品で有名な、
ホルツ塗装はがし剤を購入。
近場のオートバックスで1200円くらいだったと思います。

道具

100均でハケとスクレーパーと塗装時に使うマスキングテープ代わりの幅広のテープも購入。

小皿に出した

作業は屋外ですることにします。
塗装はがし液をプラモ用の塗料小分け用の皿に出したところ。

中身はドロリとした緑色の液体で、塩素系の液体らしいのですが、
思ったほどの刺激臭はなく、これでしたら全体的に大雑把に塗装をはがした後、
細かい仕上げは部屋でも出来そうです。

塗る

この液体を100均で購入したハケでまんべんなく塗りたくります。

浮き上がる

2~30秒すればこのように塗装がふやけて浮き上がってきます。
なんだかグロ注意と但し書きをした方がよさげな絵面ですね。

剥がす

これをスクレーパーで擦って塗装を剥がしていきます。

今思うと失敗したなぁと感じるのが、金属製のスクレーパーを使用したので、
どうしてもケースの地金に細かいスジ状の傷が付いてしまって、
後でやすりで傷を消すことになって非常に手間がかかったということ。
スクレーパーはプラ製か、かまぼこ板で代用した方が良かったかも知れません。

取りあえず終了

取り切れない箇所が多々残りましたが、取りあえず終了。
一度使用した後はハケが駄目になると思って一気にやったのですが、
ハケや小皿は水洗いできれいに落ちますので、ここまで急いでやらなくてもよかったです。
何も寒空の下、震えながら長時間作業することもありませんでした。

できあがり

後は取り切れない部分は部屋で少しずつ落としてみたり、
塗装の食いつきとスクレーパーの傷を取るために風呂場にケースを持ち込んで、
お湯につかりながらシャ~コ、シャ~コと耐水の紙やすりで磨き上げたりした結果がこれ。
結局、紙やすりで磨くんだったら塗装はがしの意味ね~じゃん!とお思いかも知れませんが、
ある程度剥がしておけば、後々の手作業もかなり楽になるわけで、
そんなに無駄な作業ではなかったと思います。

普段、烏の行水と言われるほどしか入浴時間を割かない自分が、
2時間近く湯船につかっていたのはどうでも良い話ですが・・・

通気穴

やってる最中、また変な職人魂みたいなのが湧いてきまして、
どうせやるのなら、内側も塗装してやろう!
そうだ、自家用車のレタッチ用に白のスプレーがあるから、ケースの内側は白く塗ってやろう!
などと考えつき、内側まで磨き上げてしまいました。
特に表に吹いた黒の塗料が通気口のパンチ穴を通じて裏側に回ってしまい、
この部分を磨くのは苦労しました。
こういう部分は放っておいてもいいと思ったのですが、
穴の一つ一つ、丸い棒ヤスリで穴の周りに残る塗料を磨き上げてしまいました。

(あらためてみると早速サビが出ているように見えます。磨かねば!)

次は出来るだけ早いことヒマを見つけて、
プラ製のフロントパネルはサーフェイサーで、
金属のフレームとパネルはプラサフを吹いて、塗装に下地を作りたいと思います。
とは言え、この時期、寒かったり雨だったりして、なかなか思うように進みません。



部屋でやったりもしましたが、危険ですのでくれぐれも取り扱いにはご注意下さい。
下手に垂れるとこの缶自身のラベルまで剥がれます。

テーマ:自作・改造 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2015/02/22(日) 18:43:08|
  2. PCケース塗装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

PCケースの塗装にチャレンジ その2

成り行きでPCケースの塗装にチャレンジする羽目になりました。

取りあえずクーラーマスターのElite 361を入手しないことには何ともなりません。
Amazonで購入したいと思うのですが、限られた予算をなるべく浮かしたいので、
ヤフオクを覗いてみると、まさかのElite 361が出品されておりました!
競合することのないよう願いつつ、入札を掛けると運良く落札する事が出来、
安くケースを手に入れることができました。

フロント面とか傷が有るとのことですが、
どうせ表面はやすりがけするのでたいしたことはないです。

Elite361

無事入手。
ケースのレビューなんか組む時にするとして、
速攻でバラす

ばらし作業

もうフロントパネルも塗装するので、スイッチやらLEDやらばらせるだけバラす。
配線はホットボンドで固定してあるだけなのでボンドを取り除き線を外し、
スイッチはおそらく留め外しを想定していないであろう、
堅く深めにガッチリ食い込んだ爪を折らないよう慎重に外して取り外し、
LEDの窓の透明プラスチックもむりやり外し、
パネル一枚バラすことが出来ました。

あとは表面のザラザラした梨地加工を耐水ペーパーのやすりでならす作業に入ります。

やすりがけ

手元にあるのが600番台のものしか無く、少々目が荒いかなぁと感じながらも、
どうせサーフェイサーを吹くのでこれでいいやと適当に、
とはいえちゃんと溝の部分までしっかり磨き上げたのがこれ。

※やはり不安ですので800番台のペーパー買って来て表面ならすことにします。

まだフロント以外のスチールパネルの処理は手つかずですが、
一応希望する色を聞いてみたところ、
日産キューブの水色がかわいい。
と仰るので、
はぁ、水色?了解。
と軽く答えたものの、これが後でとんでもない事態になるとは、
この時点では全く予想しておりませんでした。

〈続く〉

テーマ:自作・改造 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2015/02/15(日) 17:15:18|
  2. PCケース塗装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

PCケースの塗装にチャレンジ その1

物欲の赴くままどんどんパーツを買っていると、当然ながら古いパーツが溜まっていくわけで、
そういうパーツはどうするかというと、友人知人に基本無料で横流ししております。

足らないパーツとかOSなどは購入してもらって一台組み上げたり、
すでに自分が組んだPCを使用しているならパーツを入れかえて、
交換した要らないパーツはまた別のPCに行ったりというリサイクルを繰り返しております。

もちろん自分が使用するPC環境からの流用ですので、
組み上げるPCの大半がATXのミドルタワーになってしまいます。

今回はそんなPCの中のひとつの話です。
ミドルタワーのケースで組んだPCの嫁ぎ先でPCが大きすぎて邪魔だという不満が出てきました。

そろそろ自分が使ってたCore i7 3770Kとマザーを交換しようと思ってた矢先だったのですが、
(それでもって今入ってるCore i7 860は別の家庭に行く予定)
ケースを小型のものにするとマザーが流用できなくなって、この先中身の入れ替えも難しくなってしまいます。
もちろんケースに加えてマザー交換の予算は無いと言うことですので、黙って使ってくれと言ったものの、
女子(嫁ぎ先が女性ですのでこの場合、PCは婿入りというべきでしょうか?)が使うには軽量アルミとは言えミドルタワーケースは確かに無骨すぎる気がします。

ここはひとつ、思い切って小型のケースを買ってもらって入れ替えたいと思います。
しかしながらこちらとしても円滑な物欲リサイクルの輪から外したくないので、
ATXサイズのマザーが入るケースであると言うことは譲れないところ。

ATXマザー対応の小型ケースとなると選択肢がほとんどありません。
韓国DAOTECH社のX10 BELLUMというやつがMicroATXケースサイズだったと思うのですが、
光学ドライブが収まらないので却下。

もう無名メーカーの怪しげなケースを見つけてくるか、
いっそのこと先に話した自分のポリシーをねじ曲げて、
MicroATX対応ケースとマザーをオークションで安く手に入れて作り直すか考えたりもしたのですが、
クーラーマスター製でElite 361という型式のケースがATXマザーが入る小型のケースである事を知り、
ケースはこれで行こうと決定。

ただ、値段はAmazonでも6999円で、円安の影響が出る前の5000円くらいだった頃と比べると、
だいぶ値上がりしているので自分的にはなんだかなぁと思いつつ、
このケースで良いかと打診してみたところ、
かわいくな~い!
とバッサリ切り捨てられてしまいました。

しかしこちらとしてはこのケースが譲歩出来るサイズの限界。
だったら色を塗ってカラフルにすればいいじゃん!それならどうよ?
と言う案に
それなら愛着が持てそう!
と納得してくれたので、このケースで行くことに決定。

勢いとは怖いもので、まさかここに来て我が物欲人生初の
PCケース塗装
にチャレンジすることになろうとは・・・



これを塗らなきゃならんわけですよ。


テーマ:PCパーツ - ジャンル:コンピュータ

  1. 2015/02/15(日) 10:13:16|
  2. PCケース塗装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

250分の1

Author:250分の1
知ったかぶって書いてます。

物欲のつぶやき

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する


にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ
にほんブログ村

こんなの参加してみました。
ポチっていただけると嬉しいです。


ブログランキング
順位は低いです。