FC2ブログ

物欲の小径

己が衝動に任せて買ったあんなものこんなもののプチレビュー

欲しいPCケースが日本では売っていないので、海外から取りよせてみたの巻

今使ってるCorsairの650Dもかれこれ7年の付き合い。

いろいろ改造もしました。
付属のフロントファンがうるさくて、速攻で他社製品に取り替えました。
フィルターも自作してみたり移動用のキャスター付き台も作りました。
後に大型の水冷ラジエーターが取り付けられなくて、内装パーツをゴリゴリ削ったりもしました。

純正、非純正のオプションも買いました。
サイドパネルはアクリルウインドウをメッシュパネルに交換しましたし、
自作フィルターを付けた後も、海外のPCショップで専用フィルターが売られているのを見つけ、
トップ、サイド、フロント用を買って取り付けました。

色々と手を加えてきたので、それなりに愛着はもちろんあるのですが、不満もあります。
マザーボード裏側のスペースが狭く、3.5インチシャドウベイのスペースもゆとりがないので、
配線の取り回しに苦労すること。
フロントファンの取り付けスペースが狭く、付属の20cmファンだとノイズが酷いため、
他社製の静音ファンに取り換えたものの、風量がどうしてもかせげず、
ケース内のエアフローに若干の不安があることもネックでした。

ケースの規格自体が古く、これから出るであろう新しい機器を導入する場合、
ケース内の部品などを切削したりの改造が必要となる事が多々あることを考えると、
もうそろそろ買い替え時が迫ってきているのでしょう。

7年の間にPCケースのトレンドもどんどん変わり、
タワー型のケースのだだっ広い空間はドライブとかを詰め込むためではなく、
光らせたり大がかりな水冷システムで魅せるための空間となってしまっている感じがします。

あの拡張性の雄と言われていたクーラーマスターのコスモスでさえ、
最新の機種は超巨大な図体にたった一つしか5インチベイが搭載されておらず、
自分から見たらウドの大木にしか見えないものに成り下がっております。

コルセアに関しては、自分が良く見ているエルミタージュというサイトの
2016.03.27 更新のインタビューにて、
編集部
5.25インチベイを無くした理由は?
•Michael氏Michael Hooper(Product Manager,Cooling and Accessories
あなたは使いますか(笑)。もちろんまったく使用しないわけではありませんが、ゲームをするユーザーもかつてのように光学ドライブを必要としません。日常でほとんど使わないものに、スペースを割くのは無駄。さらにエアフローレイアウトを考えた場合、3.5インチシャドウベイも含めドライブベイが無い構造は理想的と言えます。

などと発言していた段階で自分の中でコルセアという選択枝は消えました。

事実、コルセアはやたらめったらベカベカ光るだけでスペースが割かれたケースばかりです。

もはや自分の中で理想とするケースは汐見板金のAX2だけなのですが、
惜しむらくはサイドパネルがネジ留め方式な点で、
ワンプッシュで外せるものを要望しているのですが、なかなか叶えられずにいます。
叶えられたところで、自分の欲しい機能を追加していくと6万を超えるものとなるので、
絶対手が出せないなぁと半分諦めております。

本当に5インチベイの少ないケースばかりなのかというとそうでもなく、
探せば海外ではまだまだ5インチベイをふんだんに備えたケースも売られております。
しかしながら、日本では代理店のない聞いたことのないメーカーだったり、
あまりにも外装がゴテゴテしすぎて日本人受けは絶対しない代物が多かったりしますが、
なにより日本の自作ユーザーの大多数が求めていないので取り扱わないのだと思います。

せめて3つくらいは5インチオープンベイを持ち、裏配線がしやすく、
マザーにアクセスしやすく、シンプルな外観のケースはないものかと常時探しておりました。

デザイン的にはFractal Designが好きなのですが、
このメーカーも5インチベイを無駄な空間と判じてどんどん削除の方向に向かっております。

クーラーマスターのMasterCaseは5インチベイを不要な場合は取り外せる形で採用していて、
つい最近出たMC600PとかMC500Pなんかもかなり自分的にはいい線をいっていたのですが、
5インチベイをあと一つ増やして3つあればなぁというのが残念なところです。

コルセアとかも760Tとか古いやつなら今でも入手可能なやつはあるのですが、
24000円出して古いやつを買うのもなぁと思いますし、650Dの融通の利かなさでコルセアは懲りております。

今のケースでも使えているのでそんなに急ぐことでもないやと半分諦めつつも探していると、
Phanteksというオランダのメーカーのケースがデザイン的にもなんとなく気に入り、
Enthoo Proというミドルサイズのタワーが5インチベイが3つあり、
ボトム、フロント、トップの開口部にダストフィルターを備え、
電源のカバーもあるし裏配線もしやすいみたいで、かなり自分の求めるものに近いです。

ただ、自分が気に入ったやつがサイドパネルが強化ガラス製の限定モデルです。
魅せるだけのケース云々と文句を言っていたやつがなぜガラスパネルとお思いでしょうが、
このガラスパネルのモデルだけ、ヒンジの付いた開閉式になっていて、アクセスしやすいと思ったからです。

これならば欲しい。
できれば内部が白のスペシャルバージョンが欲しいのですが、
なければ普通の(それでも限定)黒いやつでもいいと思って、
Phanteks代理店であるアイテーシーやらオリオスペックやらパソコンショップアークなど
あちこちのPCショップに問い合わせてみましたが、どこも取りよせることが出来ませんでした。

国内で手に入れることが出来なければ海外で直接手に入れるしかありません!
しかもできるだけ安く手に入れたい!!
あちこち探し回ったところ、ケース自体の値段はともかく、
とにかくネックとなるのが配送料。
下手なところではケース以上の値段がします。

ebay

ようやくたどり着いたのがeBayでした。
本体が日本円で13312円、送料込みで15535円というお値段。
国内で流通しているこれの小型版のEnthoo Pro Mの強化ガラス版が14500円であることを考えても、
かなりお買い得なお値段であることに間違いは無いです。

PayPal決済出来るので、一度PayPalに住所含めた支払い情報を登録さえしておけば、
ポチっただけで後は送られてくるのを待つだけなのは便利です。

届きましたら追々レビューしていきたいと思います。



こちらEnthoo Pro Mの強化ガラス版。
自分が買ったのはこれの大っきいバージョンです。



日本では正規な取り扱いが無いことをいいことに、
すげーぼったくった値段になっております。



テーマ:PCパーツ - ジャンル:コンピュータ

  1. 2018/07/15(日) 17:16:35|
  2. PCケース塗装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<PHANTEKSのENTHOO PRO TEMPERED GLASS EDITIONをレビューする その1 外観編 | ホーム | 「物欲」が自分の三大欲求の一つみたいです。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://newfm2.blog117.fc2.com/tb.php/611-2f6ee6b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

250分の1

Author:250分の1
知ったかぶって書いてます。

物欲のつぶやき

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する


にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ
にほんブログ村

こんなの参加してみました。
ポチっていただけると嬉しいです。


ブログランキング
順位は低いです。